かわいひでとし日記
令和6年2月5日      ゴジラの足跡      ゴジラが日本を助ける
  
ゴジラ-1.0の評価がとても高い。

というか、恐ろしく高い評価を受けている。

とんでもない高評価だ。

海外のレビューを見ていると、本当に大絶賛状態だ。

たくさんのレビューの中で多い意見としては、

「ハリウッドは見習うべきだ」というもの。

これは確かにそうだ。

昔、黒澤明監督が「七人の侍」を作って、世界的な評価を受けた。

「面白い映画はこうやって作るのですよ」というお手本を世界に示した。

それ以来の「面白い映画のお手本」を山崎貴監督が世界に示してくれた。

山田洋次監督がもう御歳で、さて日本映画をしょって立つ後継監督は出るのだろうか、

と思っていたが、山崎貴監督がその人だろうと思う。

考えて見ると、「ALWAYS 三丁目の夕日」や「アルキメデスの大戦」などを見て、

心底感心してしまって、何度も見たのだった。

これらはみんな山崎監督の映画だった。

山崎監督の映画は、昔の小津安二郎を代表とする松竹映画、

黒澤明を代表とする東宝映画、それぞれの良い所を併せ持っている。

本当に素晴らしい事だ。

日本映画も安泰だ。


さて、海外レビューで割と多かったのが、

「終戦直後の日本の状況を知れた」というものだった。

これはちょっと目から鱗だった。

「焼け野原」になってしまった、というのは日本人はみんな知っている事だけれど、

海外の人には意外と馴染みが無かった様だ。

そして、「カミカゼパイロット」というのは狂人の様な人間だと思っていたが、

実際には同じ人間で死ぬのが怖かった、という事に気が付いた、というのだ。

そういう面を理解してもらえると、歴史認識などにも多少は良い影響が有るのではなかろうか。

映画のラストシーンによって、ゴジラの次回作も山崎監督がやる、

というのは既に暗黙の了解の様になっている。

ぜひ期待したいと思う。


さて、ゴジラ-1.0の凄い所はたくさん有る。

まずプロットだ。

死ぬのが怖くて逃げたカミカゼパイロットが、

愛する人や国を守る為に特攻をも辞さない決意をする、という点。

さらに終戦直後、武装解除で軍隊も無く、武器も無い中にゴジラが現れるという点。

本当に素晴らしいプロットだと思う。

さらに、主人公と典子が実の夫婦ではない、という点だ。

これは意外と凄い事だ。

べつに夫婦の設定であっても話は成り立つのだ。

けれど、夫婦ではない、

という事がストーリーの邪魔をしない素晴らしい効果を生んでいる。

これで連想するのは寅さんだ。

寅さんと、おいちゃん、おばちゃんは実の親子ではない。

ここが重要な点なのだ。

寅さんについて、「実の親子ではこうはいかない」という感想を良く見かける。

そうなのだ。こういう所も実に素晴らしいと思う。


さらにゴジラが怖い。そして近い!

さらに、ゴジラがきちんとゴジラなのだ。

ハリウッド版のゴジラを見るとげんなりするのは、

ゴジラをまるでトカゲの様にしている事だ。

ゴジラはトカゲではなく、2足歩行の動物で、

顔は口が少し突き出した犬型の顔をしているのだ。

そういう「ちゃんとしたゴジラ」にしてくれたのもとても良かった。


海外レビューに溢れる感想は、

「ハリウッドは日本に映画の作り方を教えてもらえ」

「戦後の日本人の生活を初めて知った」

「最高のゴジラ映画であり、なおかつ今年最高の映画だった」

「もう11回も見てしまった」

などなど、大きな足跡を残してくれた。

これは日本にとって、色々な意味で大きなプラスになる事だ。

3月にアメリカアカデミー賞の発表が有る。

ゴジラは視覚効果賞の最優秀賞を取れるだろうか。(というか作品賞いきたかった)

そして、日本アカデミー賞では12部門独占、なんていう快挙をなしてくれるだろうか。


実は自分は、子供の頃、父親に連れて行ってもらって夢中でゴジラ映画を観たのだった。

モスラ、キングギドラなどが出ていた頃のゴジラ映画。

とても愛嬌の有るゴジラを覚えている。

ゴジラが「シェー」をしたりなんかしていた。

だからゴジラは自分のソウルムービーなのだ。

マイナスワンを観ていて、銀座の街にゴジラが現れた時、あの名曲、

伊福部昭さんのあの曲が流れた時、感激と興奮で涙が溢れた。

ゴジラの映画を観る、というだけで嬉しくてたまらないのに、

今回のマイナスワンは本当に名作映画で、興奮が収まらない。

その大好きなゴジラ映画が世界中で大絶賛を受けているのは、本当に本当に、

嬉しくてたまらないのだ。


自分はまだ「たったの4回」しか観ていないが、またもう一回観たくてたまらない日が続いている。


連日ゴジラマイナスワンについて動画を出してくれている、

だいちゃんの映画部屋 

北米でのゴジラ公開終了を惜しむレビューをどうぞ

https://youtu.be/UpD9Nes3fq8?t=470





設定の妙      映画の作り方

エンタメとは      日本の凄さ

日本のエンタメの底力      歌舞伎、松竹、東宝

若い人の為のゴジラ講座      これからゴジラマイナスワンを見る人に

ゴジラ マイナスワン を観てきた(ネタバレ有り)

ゴジラ愛      日本の誇り




コメントなどはツイッターやメールでお願いします



@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村