かわいひでとし日記
令和6年1月1日      設定の妙      映画の作り方
  
映画を観ていてひどく感心する事が有る。

脚本上での設定で、すごい! と思ったのは、

寅さんの映画。

寅さんとさくらさんは腹違いの兄弟だ。

そして親に代わって育ててくれたのは、おいちゃんとおばちゃん。

この設定が凄いと思うのだ。

別に最初から実の親子として脚本を書いても良いはずなのに、

実の親子ではない設定にする事で、色々な可能性が生まれるのだ。

山田監督だったか誰だったか忘れたけれど、「実の親子ではこうはいかない」

と言っているのを聞いた事が有るが、まさにその通りなのだ。

なので、この設定は本当に凄いと思う。


さて、「ゴジラ マイナスワン」は本当に素晴らしい映画で、

既に3回観ているのだけれど、この映画にも設定の素晴らしさを感じる。

まず、主人公の敷島と一緒に暮らす典子は夫婦ではない、という設定だ。

全くの赤の他人なのだ。

これも別に脚本の段階で夫婦にしたって問題は無いだろうに、赤の他人にした事で、

ドライな関係性でも有る事がストーリーの邪魔をしない効果になっている。

本当に見事だと思う。

さらに、終戦直後という時代設定にする事で、軍隊も無く、

まともな武器が何も無い状態でゴジラと対峙するという設定だ。

これも本当に見事だと思う。


昔、黒澤明監督が「七人の侍」を作って、

面白い映画というものは、こうやって作るのですよ、

という事を世界に示した。

ゴジラの山崎貴監督もまさに、それを世界に示してくれたと思う。

相変わらず海外ではこの映画には大絶賛の嵐だ。

興行成績も素晴らしい事になっている。

やっぱりゴジラは東宝に限る、との声もたくさん出ている。





エンタメとは      日本の凄さ

日本のエンタメの底力      歌舞伎、松竹、東宝

若い人の為のゴジラ講座      これからゴジラマイナスワンを見る人に

ゴジラ マイナスワン を観てきた(ネタバレ有り)

ゴジラ愛      日本の誇り




コメントなどはツイッターやメールでお願いします



@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村