かわいひでとし日記
令和5年10月31日      ポリティカルコレクトネス      ウォークキャピタリズムに流される人々
  
そういう言い方はしないほうが良い、最近はこう言うのだ、

と、言葉を訂正されたり、しているのを良く見る。

そういう言い直しが席巻する様になってもう、何十年か経つ。

だんだんと世の中が変わって来た様に見える。

差別はいけない、とか、人権を尊重しろ、とか、

環境に優しく、とか、異文化共生とか言う様になった。

これをビジネスパーソン達がありがたがって利用しているのも良く見る。

これからは「SDGS」だ、などと言って、わが社はそういう事に共感しています、

という宣伝をしたりする。

どれもこれも、ぱっと見は誰も反対しない様な事ばかりだ。


これらを推進したり共感したり同意したりする人には、

大まかに言って3種類居ると思う。

良く意味も解らず、ただ、ああそうなのか、と思って賛同する人、

本当の目的を隠す為にそのような事を言って広めようとする人、

反対するとギャーギャー文句を言われるのが面倒で表面的に同意している人。

この3者が混ざり合って、世の中に物凄い同調圧力が蔓延している。


ちょっと頭悪いんじゃないか、と思う。

表面的な事だけで、ちっとも深く考えていないのではないかと思う。


新宿歌舞伎町に有るビルで「ジェンダーフリー」のトイレを得意げに作って見せ、

大混乱になって、やっぱりやめました、という事が有ったが、

ほんとに、頭大丈夫ですか? と聞きたくなる。

なんとかアドバイザーという名前で、色々な所に入り込んでいる人たちが居る。

自分達だけが完全に正しくて、反対する者はみんな差別主義者だと断定する。

そういう者たちにギャーギャー言われて、ああそうなのか、と思ってしまう。

同意して、それを広めようと思うのは、よくよく勉強して深く考えての事であるはずだ。

見ていると、ちっとも良く考えずにただ流されているだけの様に見える。



本当にCo2が地球の環境を壊しているのか、

コロナは怖い病気なのだろうか、

ワクチンは安全なのだろうか、

性別は男女の二つしか無いはずなのではないだろうか、

ふと疑問に思ってよくよく調べたり考えたりしたら、

最初に思っていた事と、随分違う考えに至るのではないのだろうか。


あいつは差別主義者だ! と言っている人達が相手を差別している。

人権を守ると言いながら公金をチューチューしている。

コロナは怖い病気だと言って、医療業界が空前の利益を上げている。

これからは電気自動車だと騒いだあげく、やっぱりダメか、と言っている自動車メーカーが多く有る。

太陽光パネルは環境に優しいと言いながら、実は単に儲けたいからやっているだけで、

かえって環境破壊をしている。

一体何をやっているのだろう、と思う。


どれもこれも、結局はカネ目当てだったり、社会の破壊であったり、

中身を良く見るとろくな事をやっていない。


我々は環境に配慮しています、という「意識高い系」を

表面的に良いと思ってしまっている愚かさというのは救いようが無いと強く感じる。

なんでこんなにバカなのだろう、とマジで思う。

「ウォークキャピタリズム」の中身をよくよく見てみると良い。


「人権が」だの「差別だ」だの、なんだかんだ言って、

結局は社会を破壊して自分達の独裁国家に仕立て上げたい

共産主義者たちなのだと強く思う。


「BLM」ブラックライブズマターという運動は、ぱっと見は黒人の人権を守れ、

なのだけれど、実際にやっている事を見るべきだ。

結局暴力的に社会を混乱させるのが目的にしか見えないではないか。


人間には男女の二つの性しか無い。その間というものは無い。

男のトランス、女のトランスなのであって、中間は存在しない。

セクシャルアイデンティティとは一体何なのか。

日本語では性同一性障害と言ったり性自認と言ったりするが、

英語ではどちらもセクシャルアイデンティティと言う。

両者は全然違うものだ。意味が解って言っているのだろうか。


とにかく、ギャーギャー言われるとめんどくさいから、黙って同意したフリをしてしまうけれど、

そろそろはっきり、きっぱり、きちんと言ったほうが良い時期に来ているのだと思う。

そして、ギャーギャー言う人とは論争をしない事だ。

何を言っても無駄だ。そういう人は黙ってブロックすれば良い。

黙って多数決で決めれば良い。


ここに来て深刻なのは、LGBT理解増進法を無理やり成立させてしまった人達。

それによって明確に司法に影響を与えているのが解る最高裁判決が出てしまった。

立法も司法も、とうてい本質的にきちんと考えた様には見えない。

みんなで流されてしまっている。

これがあっち側の目的なのだ。


欧米ではこうだ、とか、国連でどうした、とか、

日本はもっと女性の権利をどうのこうの、とか、

日本はもっと移民を受け入れるべき、とか、

日本は欧米に比べて遅れている、とか、言われるままに真に受けていないで、

きちんと勉強して反論したら良いのだ。


差別と言われてしまうから反論するのを躊躇してしまうのは、

相手が「ギャーギャー」言うからなのだ。

日本に文句を言う左巻きの欧米人にも、日本の事を勉強してから言え、

とはっきり言ったほうが良い。

自分達が、そして自分達の先人たちが築いて来たものをもっと大切にしたほうが良い。

日本はあなたたちと違って人間をさらって来て奴隷にした事など無い国です。










多文化共生とは      視野の狭い人権擁護

やっぱり人間性の問題      人間は社会で生きている

利権に群がる      「仕事が出来る」の勘違い

群盲象を評す      利権亡者の公金チューチュー

いいかげん、目を覚ましましょう      言葉に騙される人々

マスコミが報道しないこと      テレビの報道を見てはいけない

アホなの?      真の目的を隠す人と乗せられるアホな人




コメントなどはツイッターやメールでお願いします



@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村