かわいひでとし日記
令和5年7月16日      いいかげん、目を覚ましましょう      言葉に騙される人々
  #ポリティカルコレクトネス

以前、武田邦彦先生が言っていましたっけね。

地球温暖化なんて本当に起きているのか

「そういえば、自分が若かった頃はこんなに暑くなかった」なんて言ってるバカが居る。

地球の話をするのに20年30年の単位で考えてどうする、何万年単位で考えなくちゃダメ。

南極の氷が解けて海面が上昇する? 氷が解けても体積は増えないのは学校で習ったはずだ。


誰が言い出したのか、今では誰でも当然の様に、

CO2のせいで地球が温暖化していると信じ込まされてしまっている様だ。

どれだけの科学的根拠が有るのだろうか。

これもやっぱり、利権がらみの何かの陰謀なのではないだろうか。


SDGSとかクリーンエネルギーとか「地球にやさしい」とか、人権とか、

一見聞こえの良い事を言ってみんながそれを信じ込んでしまっている。

その多くが利権がらみの陰謀なのではないのか。

これからは電気自動車の時代だ、ガソリン車は禁止する、と、

ヨーロッパ各国が猪突猛進してしまった。

では電気はどうやって作るのか、火力発電や原子力発電が無ければ作れない。

自動車のバッテリーは安全性の問題が有り、発火爆発事故が多発している。

馬力も無く、走行距離も短く、充電に8時間かかり、充電設備が出来ていない。

そんなものを誰が買うのだ。

ようやくヨーロッパ各国も間違いに気づき始めている。


耳当たりの良い事を言われても、簡単にそれを信じてはいけない。

人権を守りましょう

差別をやめましょう

太陽光発電はクリーンエネルギーです

どれもこれも、よくよく考えて見ると、色々な問題を内包している。

簡単な話ではない。

人権を守れ! 差別をするな! 環境を守れ! と言っている人達は、

質問すると何も答えられない。ただただスローガンを叫ぶばかり。

議論すら拒否する人々。

そんなものを簡単に信じない様にしたほうが良い。

何十年か後、振り返ってみると、あの頃人類は一体何をしていたのだ? と、

疑問に思う時が来るのだろうと思う。

別の目的を持って、あるいは、その言葉に騙され踊らされている人達は、

声だけはでかい。

要するに、思い込みの激しい人達。自分が一番正しいの信じてしまう人達。

そして反対意見を封殺しようとし、議論すらしようとしない。

「アベは戦争をしたがっている」などと言う。

戦争を防ぐには軍事力に頼らなければならないのは悲しい現実だ。

「集団的自衛権」はまさに戦争を防ぐ為のもの。

それを「戦争をしたがっている」と言っていきり立つのは、かなりのビョーキだ。


けれど、人々はもう気づき始めている。

LGBT法案に反対した人達は、その当事者たちを含む多くの人々だった。

女性スポーツに生物学的男性が出場して優勝をさらってしまうという

バカげたことをして、それを正しい事だと叫ぶ人々。

ひとつひとつの事について、実際にやるとどうなるのか、

良く考える必要が有る。

もういい加減、もっと多くの人が気づかなくてはいけない。

これらの問題については、

我那覇真子さん 加藤 康子さんなどが色々と発信しています。

興味が有る方は記事や動画を検索してみてください。



夢を売る仕事です、とでも言われて信じてしまったのだろうか、、、




妄想陰謀論      なんかおかしい

バカなのか陰謀なのか      ウォークキャピタリズム

アホなの?      真の目的を隠す人と乗せられるアホな人

マスコミが報道しないこと      テレビの報道を見てはいけない








コメントなどはツイッターやメールでお願いします



@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村