かわいひでとし日記
令和6年1月23日      どこの政党に投票するか      区別して考える
  
選挙でどこに投票しよう、という時に、色々な政党を比べてみたりする。

けれど今までずっと長い間、マトモな野党が無い為に、仕方なく自民党に入れてきた。

普段あまり政治には興味が無い人などに多いと思うのだけれど、

共産党も他の政党と同列に並べて検討する人が居る。

そりゃあまあ、一応国政政党ですからねぇ、、。

でも、共産党って何だかわかっているのだろうか、と思う。

色々比較するのは良いが、せめて共産主義だけは除外して考えるのが、

当然の「常識」なのではなかろうか、と思う。

だって、共産主義ですよ?

そんなもん同列に扱ってどうする、と思うのです。

そういう人が良く、「共産党は良い事を言っている」などと言う。

そりゃあ耳当たりの良い事を言うでしょうよ、選挙ですから。

だけど共産主義なんです。

除外して考えるのが「常識」だと思うんだけどなぁ、、。


日本ではどうして共産党が違法ではないのか、というと、

それはGHQの政策だった様だ。

日本を弱体化させるために、わざと共産党を違法にしなかった、のだそうだ。

共産主義というものがどういうものなのか、良く考えたほうが良い。

自国民を大量虐殺したり、幹部が独裁して幹部だけが贅沢な暮らしをしていて、

基本的には暴力革命、或いは混乱、分断を作って自由社会を破壊しようとする。

今ではそれが、どんどん言う事が「環境」だの「人権」だのにシフトして、

社会を混乱させることに一生懸命だ。

人類が戦争で失った人命よりも多い人数を虐殺したのが共産主義だ。

そんなもん、同列の選択肢に入れないほうが良いのではないですか?

現在、先進国で共産党が議席を持っているのは日本とフランスくらいのもの。

共産党自体が違法な国も有る。


さて、党名に「共産」と入っていなくても、実質共産主義、

分断と混乱を欲する政党も実際に有る。

暴力革命を信奉する過激な思想を持っていたり、

外国勢力と結託して日本を弱体化させようとしたりする政党が

実際に国会で議席を持っていたりする。

きちんと見極めて区別する必要が有ると思う。

選挙の時の選択肢は、自由社会を守る政党だけにしたほうが良いと思いますよ。

共産党では、20年以上も同じ人が委員長を務め、選挙は行われず、

党首を選挙で選ぶべき、との意見を述べた党員を除名処分にしています。

また、現在でも日本共産党は公安の監視対象団体になっています。


きちんと区別して考える必要が有る、と言えば中国もそう。

「中国」「中国人」と「中国共産党」はきっちり区別して考える必要が有る。

中国人と仲良くしていこうと思うのは良いけれど、

中国共産党というヤクザが独裁している現在の中国とは距離を置く必要が有る。

中国が民主化して、日中が仲良く出来る様になるにはまだ何年もかかるのだろう。


さて、いつ総選挙が有るのか解らないが、少しずつ野党にもマトモな政党が出ている。

日本を破壊しようとする政党は排除し、カネの亡者となった自民党を終わらせる選択も、
多少は出来る様になってきた。

良く考えて投票しましょう。


民主集中制
「民主主義的中央集権主義」の略で、共産主義政党および社会主義諸国家において公式の組織原理とされ、全共産党員など下部員が上級機関および指導者の決定に無条件に従う行動規範のこと。



社会を守る      全体主義者たちとの闘い

富国強兵      日本保守党への期待

自分の祖国が壊れてゆく      日本を守りたい




コメントなどはツイッターやメールでお願いします



@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村