かわいひでとし日記
令和5年10月22日      民度の高さ      拍手のタイミング
  
男子新体操の試合を見た事は有るでしょうか。

自分はファンなので良く見るのですが、初めて見た時から気が付く事が有ります。

それは、演技中のある瞬間に一斉に観客から拍手が起こる場面が何か所か有るのです。

一斉に拍手が起こるのは、観客が演技の内容やルールを熟知している証拠です。

拍手が起こるのは、良い動作をした場面や、規定動作をこなした場面などなのです。

演技の中にルールで決められた動作を何か所か入れる必要が有り、

それをやった瞬間に一斉に拍手が起こります。

ちなみに、男子新体操の団体では、タンブリング、倒立、柔軟、バランスを入れて演技をする事になっています。


さて、日本保守党が結党をし、記者会見をし、結党パーティを開き、

そして、名古屋と東京で街宣を行いました。

自分はそれらを動画で拝見しました。

1時間以上の街宣は、名古屋、秋葉原、新橋と、3か所全部を動画でノーカットで全部見る事が出来ました。

非常に内容が洗練されていて、演者の教養の高さを感じ、愛嬌も有って楽しいものでした。

なので、早送りもせず全部見る事が出来たのでした。

そして強く感じた事は、聴衆の人数の多さと、その人たちの質の高さでした。

話の本質をしっかり解って聴いているのが、拍手が起こる瞬間によって理解する事が出来ます。

そして、単純なシュプレヒコールなどをするわけでも無く、プラカードを掲げる訳でも無く、

小ぎれいな身なりをした老若男女が静かに聞き、笑う所は楽しく笑い、声援を送るところでは送り、

そして、話の核心に触れた時に一斉に拍手をするのです。

サイレントマジョリティは、民度が高いのだと心底思いました。


それに引き換え、基地反対などのデモをしている人たちを見るとどうでしょう。

この人達は一体、日本人なのだろうか、と思う様な漢字を間違えたプラカードをかかげ、

排他的で、論争を挑んでも一切応じないのです。

こいつらは金で雇われたバイトだ、などと言われる事が有りますが、なるほどそうなのか、と思ってしまいます。

Youtubeの動画などで、こういう人たちに抗議をしたり論戦を挑んだりするものを良く見ますが、

彼らは決して議論しようとしません。ただただシュプレヒコールを繰り返すばかりです。

平和の為に基地を無くせ、という、頭の悪い人が聴いたら良い事の様に思ってしまう事を言って、

実は日本を弱く、混乱させようとしていると思うのです。

そして、本質を何も解っていないと強く思うのです。

世界にはヤクザが居ます。弱い者を虐めて自分の物にしようと狙っているヤクザです。

今生きている我々が目撃した例だけでもいくつも有ります。

チベット、東トルキスタン、ウクライナ、フィリピンなどです。

相手が弱いと見るや奪いに来るヤクザです。

この状態でどうして軍事力を無くすことが平和に繋がるのでしょうか。

デモをする人達はこの事に明確な反論をする事が出来ません。


そして国会議員の中には少なくない人数、この人は本当に日本人なのだろうか、と疑問を持つ議員が居ます。

日本の為の政治をする国会議員が外国人、それも日本に敵対的な国の人で有っても良いのでしょうか。

日本の国、国民、財産を守る為にスパイ防止法は早急に制定する必要が有るのではないでしょうか。


自分の私利私欲、カネ、利権の為に政治をしている世襲の議員、

日本を弱くしようと企むスパイの様な議員が居る国会を正しく改革する必要が有ります。

義憤に駆られて結党した、カネとも利権とも関係の無い、日本保守党に期待をしたいと思っています。

これから右からも左からも、マスコミからも激しい攻撃を受けるだろうと予測されます。

決して楽な道のりではないと思いますが、サイレントマジョリティが応援するべきでしょう。


Youtubeにはたくさんの動画が上がっていて、どれが見やすく音声も良いのか解りませんが、動画の一例です。


日本保守党 名古屋街宣
https://www.youtube.com/watch?v=KvUTE4gdfTY


日本保守党 秋葉原街宣
https://www.youtube.com/watch?v=FV03Wt_OnC4


日本保守党 新橋街宣
https://www.youtube.com/watch?v=mEVhwfOcEKQ




富国強兵      日本保守党への期待

国民とは誰なのか      カネの亡者は多数派なのか

理想と現実      あやふやな言葉

戦後レジームからの脱却      自虐を捨てて普通の国に

ネトウヨ      保守とは



コメントなどはツイッターやメールでお願いします



@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村