かわいひでとし日記
令和5年8月30日      田舎のおっさん      紙を読む人々
  
自分ちの隣にヤクザが住んでいるとします。

ある日、ヤクザがこっちの庭に入って来て、

人の庭に勝手に花を植えるんじゃねえ! どかせ!

と言います。

何を言っているんですか、ここは私の庭ですよ、と言うと、

盗人猛々しいとはこの事だ、他人の庭を勝手に使って自分の物だと言い張るとは

とんでもないヤツだ。

これでこっちがきちんと対応しないと、どうなるか、というと、

じゃあ半分だけ認めてやるからその代わり金を払え、と言う。

じゃあしょうがないから払いますと言って金を払って、

庭を半分取られた上に金までとられる事になる。

そうするとどうなるか、次の日にまた文句を言ってくる。

結局全部取られてしまう。

という事を日本の政治のリーダーがやって良いのだろうか。

きちんと対応しないと、ヤクザは全部奪ってゆくのだ。

捏造した言いがかりをつけ、じゃあ譲歩してやると言って結局半分は奪い取られる。

これをやっている国が隣に有る。

この事を念頭に置いていなくてはならない。


自民党の代議士を見ていると、田舎のオッサンだなあと、つくづく思う。

地元では名士と言われ、地域の問題が有ると「まあまあまあ」ととりなしたりする人。

その「まあまあまあ」のまま代議士になって、順送りで大臣になってしまう。

外交の場に出ても「まあまあまあ」のまま。

これでは一体何を言っているのか、何を主張したいのか、さっぱり解らない。

農水大臣が「全く想定していなかった」などと言っている。

相手の思うつぼの様な事を言っている。

日本国内で「まあまあまあ」というのと世界相手では全然違う事を意識して喋って欲しい。

科学的根拠に基づかない事をするのであれば、こちらも対抗措置をとる、

くらいは言わないといけない。


なんも解って居ないおっさんが順送りで大臣になっても、

役人が書いた紙を読めば一応仕事が出来てしまう、というのは、

もういい加減にして欲しいと思う。

これは国益を損ねる重大問題だ。


紙を読む、と言えば「棒読み松野」などと揶揄されている官房長官。

政治家があんな態度で仕事をして良い訳が無い。役人のする事だ。

何も言っていないのと同じだ。

本当に心底いやになる。


麻生太郎さんみたいにズケズケ言ってほしい。

左翼の新聞記者が言葉尻をとらえて文句を言っても、

それにもズケズケと反論して記者は何も言えなくなってしまう。

そのくらいでないと大臣などやって欲しくない。


昔、記者会見を見ていたら新藤義孝さんに左翼記者が、

靖国参拝を世界で非難されているのになぜ行くのか、

という様な質問をしたのを見ていた。

新藤さんは、「今、世界と言いましたが、どこの国ですか?」

「中国と韓国、だけ、ですよね?」「そこをきちんと言ってください」

と、ぴしゃりと答えていた。

そうなんだよ、こうでなくちゃ、と思ったものだった。

その新藤さんがLGBT法案を通してしまったのには心底がっかりした。

なんでもかんでも穏便に「まあまあまあ」とやり、

訳の分からない中途半端な妥協をしたりするのが大人の政治というものだ、

とでも思っている様に見える。

差別はやめましょうという法案なら良いのではないか、

程度の浅い理解だけで公金チューチュー法案を通してしまう。

これでは日本から搾取しようとする相手の思うつぼだ。


田舎で「まあまあまあ」とやっているだけのおっさんが大臣になどなってはいけない。

それなりの見識を持った人が大臣をやって欲しい。

派閥順送り、という事を辞める事が出来れば自民党でもかなりマシになるのではなかろうか。

自民党の悪口を言ったけれど、さて、じゃあ他の党で政権を任せられるところが有るのか、
というと、ほぼ無い。これが一番の悩みの種だ。

悪夢の民主党政権がやった事は決して忘れない。

海保の船に体当たりしてきた「中国漁船」の船長を拘束して、

きちんと法に則って処分するのかと思いきや、

中国のご意向を忖度して超法規的措置で釈放してしまった。

あれだけは忘れられない。


日本が国際的に認められていて、科学的に安全であると認定され、

さらに他国も同様にしている処理水の放出をした事に対して、

中国が科学的根拠に基づかない非難をし、日本の水産物を禁輸処置にした。

これはヤクザのイチャモンと同じだ。

この場合どうするべきか。

中国に輸出している為に日本の水産品の高騰が続いている訳で、

これを機会に国内で消費することや、他国に販路を拡大するチャンスにするべきところだ。

いたずらに対立を煽るのは得策では無いだろうが何も反論も対抗措置も

取らないのであれば、相手はますます奪いに来る。

言うべき事はぴしゃりと言って、淡々と新しい販路を拡大すれば良い。

明確に反論しないから、国内からは「何やってんだ」と言われ、

海外からは「罪を認めた」と言われてしまう。

相手はイチャモンをつけてそれをカードにしようとしているのだ。

それを防ぐ事が重要なのであって、対立を煽らない様にする為に

テキトウな対応をするからますます難しい問題にしてしまう。


中国と韓国からは今までずっと、事実に基づかない非難を受けて来た。

科学的根拠に基づかない非難をするのであれば、

どうぞ、じゃあ日本の魚は食べないでください、他の所に売りますから、

と一言ぴしゃりと言えば国民もすっきりするのだ。

それを「まあまあまあ」とテキトウな事を言ってお茶を濁す政治家というのは、

本当にがっかりする。

ぴしゃりと言って、すぐに他の販路を拡大する行動に出てくれれば見ている国民も安心する。


科学的根拠に基づかない非難や措置をしたのだから

「じゃあどうぞ食べないでください」と言うと、

それは中国人排斥だ差別だと言う反日親中の人が居るけれど、

最初の「科学的根拠に基づかない非難をした」事は何処へいってしまったのだろうか、、、、

その点を除外して中国人を批難するのは差別だとか対立を煽るとか、

日本にだけ文句を言いたがる野党や左翼言論人が居る。

なぜ相手の落ち度を除外して日本にだけ批難をするのか。

この人たちはあっち側の人なのだと思われても仕方が無い。


自分の国も同じく処理水を放出しているのになんで日本の事だけ批難するのか、

科学的根拠に基づかない非難や禁輸をした事には一切触れないで、

自分の事は棚に上げて他人だけ批難する、というのが世界。

なので、「まあまあまあ」とか言ってるオッサンでは大臣は無理、ということ。

ここで高市早苗さんがWTOに提訴する事も考える、とすかさず対応措置を表明した。

本当にこういうまともな人だけに大臣をやってもらいたい。



まともな見識の有る大臣とはこういうこと 高市さんしかもう期待できない
事前に福島県産と言えば大騒ぎをし、もし事前に言わなければ毒を食わされたと大騒ぎをするのだろう。
ヤクザのイチャモンにまともに対応しても意味が無い。

英語では「性同一性」も「性自認」も同じ単語で言っちゃってるからねぇ、、、

ヤクザのイチャモンというのはこういうこと



米紙が報じる「処理水放出後も水産物は安全なのに、日中韓でもめている理由」





矜持      大事なものを守って一線を画す

確認しておきたいいくつかの事      声だけはデカい人たちに注意

危機感の欠如      お花畑すぎる



コメントなどはツイッターやメールでお願いします



@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村