かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

令和2年4月1日      無酸素運動な人々      後悔しない為に


週に1~2回、自主的にエアロビクスをやっているのだけれど、

それ以外の日はスポーツクラブでエアロビクスのクラスに出ている。

それが例のアレで、スタジオプログラムが中止になり、

週に1~2回しかエアロが出来ていない。

毎日筋トレしかやっていないこの1か月。

体がナマってしまって、重たくてしょーがない、、、。

筋トレは、それはそれで必要なのだけれど、筋トレだけではやっぱり、

スポーツをしている事にはならないと、つくづく思う。

汗びっしょびしょにならないではないか。

1時間くらい動き続けてハーハーゼーゼー言って汗びしょびしょにならないのは、

実に物足りない。

例のアレで自粛になる前はいつも、まずエアロに出て汗をかいてから

筋トレをしていた。

スポーツクラブでやるエアロは運動強度低めなので、丁度よいウォーミングアップになるのだった。


昔から自分は、個人的に野球とゴルフはスポーツではないと思っていた。

あれはスポーツと言うより、囲碁や将棋の様な「〇〇道」とでも言う様な、

個人のスキルを高める鍛錬の様なもので、一般に言う「スポーツ」とはちょっと違う様な気がしていた。

部活でやる野球部なんかだと、練習でランニングとかもやるので良いのだけれど、

社会人野球、草野球なんかだと、ビール飲みながら試合をするだけだったりして、

やっぱりスポーツって感じではないなあ、と思ったりした。


10年、20年前までのスポーツクラブのエアロビクスは、ハイインパクトが主流で、

汗びっしょりかいて、くたばるまで走っていたものだった。

自分がやっている場所に汗で水たまりができるのだった。

そうやって自分で自分を痛めつけるのが大好きだった。

だから筋トレだけやっていても運動している事にはならないと強く感じるのだ。


有酸素運動は、週に3回~5回、軽めの強度で30分~1時間くらいやれば良い事になっている。

それで「健康維持」なのだ。

生活習慣病の予防なのだ。

しかし、ある程度体力が有ってまだまだ動ける人は、「鍛える」という意味での有酸素運動をしましょうよ。

てきぱき動ける様になる、持久力がつく、体にキレが出る、いっぱい汗をかいて肌がきれいになる、いつもたくさん動いているからずっと若々しくいられる。

筋トレだけやって「週2~3回ジムに行ってます」「運動してます」なんて言っているそこのあなた、有酸素運動しないと10年、20年後に後悔します。

午前中のスポーツクラブに居ると、50代、60代の人が入会してくる。

運動不足を痛感して入会してくるのです。

そして、エアロビクスのクラスに出て苦労している姿をたくさん見かけます。

50代からやるのは間違いではないし、それが最良、最速の選択ではあるけれど、

もっと若いうちからやっていれば、という思いは強く持つのです。

筋トレだけしかやっていない若い人、何も運動していない若い人、ぜひ、有酸素運動を習慣にしましょう。

有酸素運動の中でも、スタジオでやる「エアロビクス」は最強です。

なぜかというと、普段使わない筋肉も使って、体をまんべんなく動かす、運動するための運動だからです。

エアロビクスサークルへの参加をお待ちしています。


メンズエアロビクスサークル

 

高負荷有酸素運動
エアロビクス
一人エアロビクス
なんだかわかんないもの









 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ