かわいひでとし日記
令和5年8月10日.     弱っちくなった人々      多少は無理もしたら良い
 
ふと気が付くと自分の青春時代から、もう何十年も経ってしまった。

やっぱり変わったな、と思う。

人間が弱っちくなったと思う。

朝8時に起きて9時に出勤して10時から仕事をしている様な人でも、

夜8時を過ぎるともう「夜遅い」と感じる人が増えたんだな、と思う。

夜の8時頃になるともう、明日、仕事なんでもう帰ります、なんて事を言ったりする。

昔の若者の就寝時間て、だいたい多いのが午前1時か2時だったと思う。

でも今多いのは11時頃、、、。

それで、夜更かしするのが良いと言いたい訳ではなく、

良く寝て翌日きちんと仕事をするのは良いと思う。

けれど、日常に有る「イレギュラー」を苦にしてしまう弱さ、を感じるのだ。

いつも通りでないと機嫌が悪くなってしまう、

ちょっとしたイレギュラーですぐキレてしまう、

そういう弱っちさだ。

場合によってはちょっとは無理をしたり、

イレギュラーが有ってもキレたりせずにいられる

強さが無くなってしまった様に思う。


よく、忙しくてずっと休んでない、なんて言うと、

「ちゃんと休まないと身体壊すよ」なんて事を言う。

それはそうだが、特に若い時は、情熱を傾けて没頭する事も必要。

身体を壊すよ、と言って没頭しないのはもったいない。

せっかく頭の中が仕事モードになっているのに、

時間だから切り上げてしまうのはもったいないと思う。

残業するのは必ずしも悪ではないだろうと思う。


有酸素運動をすると筋肉が落ちる、などと言う。

ほーぉ、筋肉が落ちるほど有酸素運動が出来るならやってみやがれ、

という話だ。

運動すると活性酸素が出るからどうのこうの、などと言う。

活性酸素が出てしょぼしょぼになるくらい運動してから言え、という話だ。

紫外線に当たると肌に良くない、などと言って極度に避けたりする。

生き物は紫外線に当たる事も必要だ。ビタミンDも出来る。

なんだかんだと言葉ばかり先に出て実際には何もしようとしない。

「個人情報」だの「人権」だのと言って社会人たろうとしない。


人間はバイキンが身体に入るから強くなる、

発癌物質を摂るからT細胞が活発になる、

トレーニングで身体を虐めるから強くなる、

人間は失敗するから成長する。

人とお付き合いするから自分も幸せになる。

何かに没頭した経験は人間に深さを与える。

ちょっと無理する事で成果や自信が生まれる。

自分がやりたくなくても他人と付き合う事も必要だ。

あまり好きじゃなくても仕事場の人と仲良くするのが社会の一員だ。

これらは全部、自分が楽しく幸せになる為にする事だ。


能書きを垂れる前に生身の人間として行動したほうが良い。

やる前から未だ起こらない事を心配してないで、

どんどん前に進むのが先です。

やっていく途中で、これはやり過ぎている、と思ったら休養を取れば良い。

やり過ぎていると感じるほどやれることが先決だ。

なんだかんだ言う前に身体を動かしましょう。

行動を起こしましょう。

人生は死なないと終わりません。

死なない様に、病気にならない程度に気を付けて全力で生きましょう。

若い人は特に、全力を出し切りましょう。

何かに集中してずっとトランス状態になっているとき、

人間は大きな力を出せるものです。

今日はダルいな、と思うか、ダルいけど頑張ろうと思うかで、

結果も自分の成長も大きく違ってくるはずです。


歳食ってしまってヨボヨボしている人は死なない様に気をつけながら頑張りましょう。

個人差は大きいですが、80歳くらいまでならまだまだ若いです。


そんな訳で、自分も年齢とともに体力の衰えを感じながらも、

「諦めたらおしまいだ」と思って無理をしている。

身体を壊さない程度に多少の無理はしたほうが良い。




身体は痛めつけると強くなる      何事にも加減というものがある

大金持ちになる方法

風邪の予感、事故の予感

男は黙って脚を使う

帰宅したら座ってはいけない


コメントなどはツイッターやメールでお願いします



@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村