かわいひでとし日記
令和5年6月19日.     自分の生きた証      イライラする人々
 
ネットを見ていると良く見る光景。

イライラしている人多いですね。

すぐカーっとなってしまうみたいです。

他人に注意されて逆ギレするとか、そういうやつ。

ネットに流れて来るものはそれぞれ事情が違っていて、

どっちが悪いかは一概に言えないのだけれど、

みんなイライラして生きているんだな、と思う。

賃金が全然上がらない中で電気代がバカ高くなったりしているし、

本当に毎日イヤな気分で生きているわけですね。

また、生活保護を受けている高齢者が、この金額じゃあとてもやっていけない、

と言っている記事も有った。

働かないで保護受けているのに文句言うな、という意見も有りますが、

高齢になって殆ど仕事もできなくなったのなら仕方が無い。

保護だと13万円くらい貰えるという事だけれど、家賃を払って、電気代を払って、

食費に使って、と考えればギリギリな金額ではある。

人間はただメシが食えていれば生きていられるというものでもない。

それではまるで、刑務所で終身刑を受けているのと同じになってしまう。

たまには息抜きみたいな事もしたいのは、誰でも同じでそれほどワガママ

というほどの事でも無いと、心情的には思う。

70歳を過ぎると、アルバイトをするにもかなり厳しくなる。

年齢を理由に採用されない職種はとても多い。

さらに身体がもうあまり動かないとなれば、保護を受けるのも仕方が無い。

若くて元気な人でも、給料が手取り15万円くらいで生きている人は多い。

家賃を払って光熱費と食事でギリギリくらいだ。

というわけで、みんなでイライラしてしまっている。

年齢などに関わらず、経済的に厳しくて余裕が無く、

いつも抑圧された感じで生きていればストレスも溜まりますよね。


そういう意味で、自分のライフワークと呼べるような事とか、

やるのが大好きな事とかが有って、なおかつやってもあまりお金がかからない事、

そういうものが有る人はとても良いのではないでしょうか。


若い時からずっと関心が有ってやりたいと思っている事って、

みなさんは持っているでしょうか。

自分は良く、若い人に会って話をする時、何するのが好きなの?

という事を聞く事が有ります。

けれど、若者の多くが、特に無い人が多い事に驚いたりしています。

それでもしつこく、何するのが好きなのか聞いてみると、

「服とか買い物とか」とか、「カフェに行く」とか、

そんな様な答えしか出て来ない事が多いのです。

それは目的では無くて手段みたいなもの。


何かの記事で読んだ事が有るのだけれど、母親と友達の様に仲良くして育った男の子は、

自分のやりたい事が無いのだそうです。

それが本当かどうか分かりませんが、なんか、そうなのかな、という気はします。

就職活動なんかを見ていても、何かこれをやりたい、というものが有る訳ではなく、

一応世間体が保たれていて、そこそこなら何でもいい、という人が多い気もします。

これって、一言で言うと「夢が無い」というやつでしょうか。


ということで、若い時から知的な刺激、或いは肉体的な刺激を受けて育たないと

夢が無い状態になってしまうのかもしれません。

ゲームとかネットとかファッションとかではなく、

少しは何かしら本質的な事への関心を持って生きていないと

貧しさや年齢に負けてしまうのではないでしょうか。


自分と同年代の人と話していてそれを感じた事も有りました。

その人の楽しみは風俗系、エッチ系の事ばかりで、

最近の子は良い子が居ない、などと愚痴をこぼしていました。

それもお金に余裕が有るなら良いですが、お金に余裕が無ければなかなか出来ない事。

なんかこう、もうちょっと知的或いは肉体的に本質的な事に

興味を持って生きていたら良いのだけれど、と思います。


さて、自分もこの年齢になって、とても関心の有る事ややりたい事はいくつか有ります。

ただ、自分の才能でそれが出来るかどうか、という問題も感じます。

それでもそれについて何かしら論文を書くという事は叶わなくても、

勉強する事は出来ると思っています。

そして、この年齢になってもまだ、激しい運動を続けています。

何歳まで出来るかなと思いながら続けているのですが、

もうすぐ出来なくなるかなあと思う事も有ります。

運動出来なくなったら勉強のほうに本腰を入れようとは思っていますが、

さて、何歳まで出来るものか、良く解りません。


一応、100歳まで元気に生きるつもりで居ます。

それなら、まだ30年以上有ります。

いつまでハイインパクトエアロビクスのインストラクターが出来るのか、

その後、何か本を書けるのか、、。

解らないけれど、一応それを目安にして生きています。

仕事に行って、トレーニングをして、本を読んだり考えたりして、

なんだか毎日時間が足りない感じで生きています。

なので、あまりイライラする事は有りません。

100歳まで生きるつもりでも実際には75歳くらいで死んでしまうのかもしれませんが、

それはそれで、まあ、仕方が無いと思っていますが、

100歳まで元気でいることを前提に考えて生きていようと思っています。

そんな感じで、何かしら自分のライフワークを持って、

一定の目標や楽しみを持って生きていられれば良いのではないかと思います。

お金を稼ぐのも良いですが、お金は棺桶に入れてあの世へは持って行かれませんから、

何か自分の生きた証としてのライフワークなり関心なりを持って生きましょう。

そういう夢が無い、という人は、

自分が子供の頃どんな事が好きだったか思い出してみてください。





男らしさ、ここ一番      純粋な心

人生の本番

人間を構成する色々なパーツ

いざという時の覚悟

おじさんおじーさん

人間らしく生きる為に


コメントなどはツイッターやメールでお願いします



@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村